秋田
名称所在地電話リンク訪問日
平野政吉美術館秋田市千秋明徳町3-70188-33-5809有り1997/9/10
秋田市立千秋美術館秋田市中通2-3-8 アトリオン内0188-36-7860有り1997/9/10
秋田県立近代美術館 横手市赤坂字富ケ沢62−46 0182-33-8855 有り 2007/7/15
角館町平福記念美術館 仙北市角館町表町上丁4−4 0187-54-3888 有り 2007/7/15


目次 HOME 美術館ガイド 展覧会レポート 美術ミステリー ミステリー・ランキング

平野政吉美術館

◆ 秋田市千秋明徳町3-7 TEL 0188-33-5809

沿革
当美術館は、故平野政吉氏が過去57年間独力で蒐集した美術品の内から601点を寄付し、出来た会社財団で昭和42年5月開館した。
特に世界画壇の一人者、藤田嗣治氏の名作を一堂に展示しております。特に、藤田画伯の壮年期の代表作48点が展示されてます。その他、泰西名画98点、藤田画伯の遺品資料等も展示してあります。

藤田嗣治(1886-1968)
仏名、レオナルド藤田は、フランスでエコールドパリの画家として活躍した。当美術館は藤田嗣治の国内屈指のコレクションが常設。
メインホールの「秋田の行事」はカンバス張りで今世紀世界最大の壁画で、秋田の春夏秋冬の行事と人々の暮らしぶりが描かれている。

TOPへ戻る
秋田市立千秋美術館

◆ 秋田市中通2-3-8 アトリオン内 TEL 0188-36-7860

沿革
当美術館は、平成元年11月、秋田総合生活文化会館(愛称:アトリオン)内に開館した。
施設として、岡田兼三記念館・常設展示室T・示室・講堂・図書室などがあります。

岡田兼三(1902-1982)
ニューヨークで活躍した故岡田兼三のコレクションで有名な美術館。
・明治35年横浜に生まれる。
・大正11年東京美術学校西洋画科に入学
・昭和25年渡米、抽象表現主義が展開していたニューヨークに住む
・昭和35年フォード財団が全米の優秀な芸術家を選んで授与する美術賞の受賞者6人の一人に選ばれる。アメリカの市民権を得る。
・昭和42年「渡米後の回顧展」の成果に対し、毎日芸術賞を贈られる。

TOPへ戻る
秋田県立近代美術館

◆ 横手市赤坂字富ケ沢62−46  TEL 0182-33-8855
秋田県立近代美術館は1994年、秋田ふるさと村内にオープンしました。
コレクションの特徴は、
秋田蘭画・初期洋風画作品及び資料で、中でも有名なものは、

「不忍池図」 1770年 小田野直武

「解体新書」の図版を担当したことで知られる小田野直武の作品です。重要文化財にも指定されており、秋田蘭画の代表的作品です。近景の細密描写や陰影の表現などにその特徴が表現されています。 

TOPへ戻る

角館町平福記念美術館

◆ 仙北市角館町表町上丁4−4  TEL 0187-54-3888
平福記念美術館は昭和63年に開館しました。
設計者は国立能楽堂、法政大学などの設計で有名な大江宏氏です。

敷地は藩政時代の佐竹北家家臣の屋敷跡で、その後は平福百穂の尽力によって建てられた旧制県立角館中学校の校舎があった場所です。前庭の太い樹木は武家屋敷当時のものがそのまま残っています。

「平福記念美術館」という館名は、角館町出身で近代日本画の巨匠といわれる平福穂庵・百穂父子に由来しておりますが、当館ではそれとともに日本の洋画の曙光といわれる小田野直武や穂庵・百穂門下はじめ多くの郷土画人を顕彰しています。

TOPへ戻る