福島
名称所在地電話リンク訪問日
郡山市立美術館郡山市安原町字大谷地130-20249-56-2200有り1994/11/05
福島県立美術館福島市森合字西養山10245-31-5511有り1994/11/06
福島県立博物館 会津若松市城東町1−25 0242-28-6000 有り 2005/11/11
やないづ町立 斎藤清美術館 河沼郡柳津町大字柳津字下平乙187 0241-42-3630 有り 2005/11/12
会津坂下町 五浪美術記念館 河沼郡会津坂下町字台ノ下842 0242-84-1233 有り 2005/11/12
喜多方市美術館 喜多方市字押切2−2 0241-23-0404 有り 2005/11/13
諸橋近代美術館 北塩原村大字桧原字剣ケ峰1093-23 0241-37-1088 有り 2005/11/14
いわき市立美術館 いわき市平字堂根町4−4 0246-25-1111 有り 2006/9/12
うるし美術博物館 喜多方市東町4095 0241-24-4151 有り 2012/7/7
目次 HOME 美術館ガイド 展覧会レポート 美術ミステリー ミステリー・ランキング

郡山市立美術館

◆ 郡山市安原町字大谷地130-2 TELL 0249-56-2200

郡山市街から安達太良山までを一望できる丘陵地にあります。
郷土ゆかりの美術作品、国際的視野と高い水準をもった美術作品及び美術資料を収集・保存・展示して市民文化の向上を図るという構想のもとの建設されました。

当館のコレクション

@ターナーの風景画やバーン=ジョーンズらラファエル前派のイギリス美術
A明治以降の日本近代美術
B佐藤潤四郎のガラス工芸など郡山市ゆかりの美術
C本(版)の美術

右の写真は郡山市立美術館友の会・入会案内のパンフより転写
バーン=ジョーンズ 「フローラ」 1868-1884

TOPへ戻る

福島県立美術館

◆ 会津若松市城東町1−25 TELL 0245-31-5511

昭和59年7月開館。
福島市市街地の北に位置する信夫山の麓にあります。
6万平方メートルを越える広大な敷地に県立図書館と併設されてます。

美術館では、本県出身の作家の作品、県にゆかりのある作品、国内,
海外の優れた美術作品を収集・展示します。

右の写真は福島県立美術館のエハガキより転写
アンドリュー・ワイエス 「松ぼっくり男爵」 1976
TOPへ戻る
福島県立博物館

◆ 会津若松市城東町1−25 TELL 0242-28-6000
展示室は「総合展示室」と「部門別展示室」の二つに分かれています。

「総合展示室」
福島県内の出土品・資料で A原始 B古代 C中世 D近世 E近・現代
F自然と人間 の区分で時間経過で故郷の歴史を展示。

「部門別展示室」
民俗資料が陳列してある。・考古 ・民俗 ・自然 ・歴史美術 の四部門
がそれぞれのテーマに基づいた展示。

TOPへ戻る

やないづ町立 斎藤清美術館

◆ 河沼郡柳津町大字柳津字下平乙187  TELL 0241-42-3630
故斎藤清画伯(1907〜1997)は柳津町の名誉市民です。
斎藤画伯は、1907年(明治40年)に会津坂下町に生まれ、1951年サンパウロ・ビネンナーレでは、戦後日本人として初の国際展受賞をはたしました。

画伯の愛してやまなかった会津に風景、そのなかでもライフワークとなった「会津の冬」、
こんもりと積もった雪が民家を包み、厳しさよりも温かさや優しさに溢れた作品です。

当館ではこのシリーズを中心に約90点の作品を常時展示しております。

TOPへ戻る

会津坂下町 五浪美術記念館

◆ 河沼郡会津坂下町字台ノ下842  TELL 0242-84-1233
五浪美術記念館は、会津坂下町名誉市民の小林五浪画伯による美術館です。

画伯は、日本画家として第一線で活躍し日本美術院奨励賞のほか多くの賞を受賞、
紺綬褒章受賞。

大正14年会津坂下町金上生まれ、神奈川県海老名市在住。この展示活動を通じて
芸術文化振興の原動力になることを希望しています。

TOPへ戻る

喜多方市美術館

◆ 喜多方市字押切2−2  TELL 0241-23-0404
煉瓦づくりのクラシックな風情の喜多方市美術館は。喜多方市街地の西に位置し、
喜多方プラザ文化センター、押切用体育館、喜多方蔵の里などの文化ゾーンの中に
あります。

「小さくてもキラリと光る美術館」を目指して、会津地方や福島県にゆかりある作家を
中心に身近なところで活動する作家も紹介しています。

TOPへ戻る

諸橋近代美術館

◆ 北塩原村大字桧原字剣ケ峰1093-23  TELL0241-37-1088
裏磐梯に広がる”ダリ”の幻想的世界。

諸橋近代美術館はゼビオ鰍フ創立者 諸橋廷蔵(1934-2003)が20余年に亘り収集した
美術品と美術館用地、建物等を「地域・社会への貢献」という意思のもと1999年(平成14)
に同財団に寄付し、福島県の景勝地、裏磐梯に五色沼入口に開館しました。

当館のコレクションは、スペインの作家サルバドール・ダリの作品と、ポール・セザンヌ、
パブロ・ピカソなどの今日の美術に最も影響を及ぼしたといわれる巨匠たちの作品を中心に
構成されています。
特に、”柔らかい時計”などの幻想的絵画で知られ20世紀を代表する「天才画家」ダリの、
彫刻、絵画、版画などの作品約350点は他に類を見ないコレクションです。

TOPへ戻る

いわき市立美術館

◆ いわき市平字堂根町4−4  TEL 0246-25-1111
沿革
・昭和53年市民ギャラリー主催による「ヘンリー・ムーア展」が盛況をおさめ市民の反響で市立美術館建設の機運うぃ高まる
・昭和55年美術館建設審議会から建設について答申でる
・昭和59年4月に開館 一般公開
収蔵品
コレクションは、戦後世界の現代美術といわきゆかりの美術という二つの柱で成り立つています。
戦後、日本も含めて世界では、表現の意味や意義にたいする根源的な問いかけと、コンセプトやメディアを追求する姿勢の中から様々な美術が生まれています。
(海外)イヴ・クライン、ピエール・アレシンスキー、ジェイムズ・ローゼンクイスト、ヨゼフ・ボイス
(国内))草間弥生、森村泰昌、若松光一郎、遠藤利克

TOPへ戻る

うるし美術博物館

◆ 喜多方市東町4095  TEL 0241-24-4151
良質な漆と職人気質が支える伝統の美。

このうるし美術博物館は、かつて福島県内一を誇った大地主・風間邸の離れ屋敷でした。
館内はけやき造り・総漆塗りで、生涯を漆塗りに没頭した情念の塗師『田中 亨』の見事な乾漆美術品を展示しています。
2階には、漆の採取道具や漆器作りの道具を作業工程にそって展示しており、漆の知識も得られます。
また、漆器の製造直売もしており、お土産にぴったりの工芸品が揃っています。

TOPへ戻る