三重

名称所在地電話リンク訪問日
神宮徴古館・農業館伊勢市神田久志本町1754-10596-22-5515有り1998/02/27
式年遷宮記念 神宮美術館伊勢市神田久志本町1754-10596-22-5533有り1998/02/27
三重県立美術館津市大谷町110592-27-2100有り1998/02/27
マコンデ美術館度会郡二見町松下.池の浦05964-2-1192有り1998/02/27
石水博物館 津市垂水3032番地18 059-227-5677 有り 2011/05/26
パラミタミュージアム 三重郡菰野町大羽根園松ケ枝町21−6 059-391-1088 有り 2011/05/26
せんぐう館 伊勢市豊川町前野126-1(外宮まがたま池) 0596-22-6263 有り 2013/12/26
目次 HOME 美術館ガイド 展覧会レポート 美術ミステリー ミステリー・ランキング

神宮徴古館・農業館

◆ 伊勢市神田久志本町1754-1 TELL 0596-22-5515
神宮徴古館
徴古館は、明治30年代に日本ではじめての私立博物館として財団法人「神苑会」により企画され、有栖川宮を総裁とする国家的事業で進められ、明治42年にルネッサンス式 の鉄筋コンクリート平屋建てで完成。明治44年に神宮に奉納され「神宮徴古館」として親しまれかいましたが昭和20年戦火を受け、建物と収蔵品の大部分を焼失しました。昭和28年、第59回の神宮式年遷宮を記念して 復旧。建物は外部の花崗煉瓦石積みの壁面はそのまま、二階建てに改装し、さらに昭和60年には新館もできました。
神宮農業館
農業館は、明治24年神苑会が外宮前に創設。明治38年に倉田山に移転増築。神宮に献納され、平成元年まで前方の美術館の場所にあったものを復元しました。本館の目的は、皇祖天照大御 神と、産業の守護神、豊受大御神の神徳を広めるため「自然の産物がいぁに役立つか」を一大テーマとする日本最古の産業博物館であります。

TOPへ戻る

式年遷宮記念 神宮美術館

◆ 伊勢市神田久志本町1754-1 TELL 0596-22-5533
神宮美術館は、平成5年の第61回式年遷宮を記念して創設されました。
今回の遷宮に奉賛して当代最高の 美術・工芸家の方々から献納された絵画・書・彫塑・工芸を展示します。
将来は遷宮が行われる20年ごとにその時代を 代表する秀作を収め、我が国の美術史が展望できる全国に類をみない美の殿堂をめざします。

TOPへ戻る

三重県立美術館

◆ 津市大谷町11 TELL 0592-27-2100
 
三重県立美術館は、現在、2000点を越える作品を収蔵してます。その内容は、日本の明治以降の絵画・彫刻・版画・工芸・素描をはじめ、三重県 にゆかりの深い近世の絵画、西洋近現代の絵画・版画・素描、スペイン美術まどにわたってます。
TOPへ戻る

マコンデ美術館

◆ 度会郡二見町松下.池の浦 TELL 05964-2-1192
マコンデ美術館は、マコンデの現代彫刻を中心に、タンザニア美術を一般公開する唯一の美術館です。
マコンデと黒檀彫刻
東アフリカのタンザニア、モザンピーク両国国境に広がる5,000平方キロメートルの広大な山岳、高原地帯に住むマコンデ族は、パントゥ族の一員で 、およそ50万人に人口をゆうしている。マコンデの名は、この高原の名に由来している。海抜500m〜800mの高さにあるその高原、外界から隔絶した高原 で古代マコンデ文化は、すばらしい彫刻芸術の花を咲かせた。最初の父親が黒檀を彫って最初の母親を作ったという伝説を持つ彼らにとって、黒檀の木は力と聖なる意味を 持ち、今日まで数世紀の歳月を費やして独自の木彫りに技術を発展させてきた。

石水博物館
◆ 津市垂水3032番地18 TELL 059-227-5677
石水博物館は、川喜田久太夫(号:半泥子)が昭和5年に地域文化の振興と社会福祉活動の拠点として設立した。平成23年5月に、法人名を公益法人石水博物館に変更するとともに、千歳山(津市垂水)に新しい展示施設を新築しました。

石水博物館の所蔵品は、江戸時代に伊勢商人の豪商であった川喜田家の旧蔵資料を中心としています。その分野は茶道具、書画、洋画、古書典籍、錦絵、伊勢商人関係資料など多岐にわたります。また、同家十六代当主であり陶芸家としても知られている川喜田半泥子の資料も多数保存管理しています。

<新資料>
浮世絵師、東洲斎写楽の肉筆画が、日本に実在することが判明した。「老人 扇面画」です。2008年ギリシャの島で写楽の肉筆が発見され、大ニュースとなった。それと同類の作品を、当博物館を所蔵してる。
TOPへ戻る
パラミタミュージアム
◆ 三重郡菰野町大羽根園松ケ枝町21−6 TELL 059-391-1088
パラミタミュージアムは鈴鹿山脈の麓、三重県菰野に2003年に開館しました。

<特徴>
●池田満寿夫の陶彫「般若心経シリーズ」を常設展示しています。

●パラミタガーデン(paramita garden)は敷地内にある1200坪の自然庭園です。樹齢200年のケヤキの木陰を約200種の鈴鹿山麓の山野草が彩ります。鈴鹿山脈を背景にした屋外アートも見られます。
TOPへ戻る
せんぐう館
◆ 伊勢市豊川町前野126-1(外宮まがたま池)  TEL 0596-22-6263
第62回神宮式年遷宮を期して、社殿造営・御装束神宝奉製の技術を展観し、我が国が誇る技と心の精華を永く後世に伝 える理念のもと「せんぐう館」を創設しました。

当館は20年に一度行われる神宮式年遷宮を通じて、広く我が国の伝統・文化を伝え、日本人の営みと精神文化の中心にある神道の継承をめざします。

TOPへ戻る