本文へスキップ

吉川史料館のホームページにようこそ。

電話でのお問い合わせはTEL.0827-41-1010

〒741-0081 山口県岩国市横山2丁目7-3

お知らせ

川経展示示期間 平成28年9月17日〜1129

展示品概要

 

このたびは、「吉川経幹展」と題し、ゆかりの史料43点を展示しております。

慶長5年(1600)、関ヶ原の合戦後、毛利家は112万石から防長二ヶ国36万石に領地を減らされました。そして、広家は毛利輝元から周防玖珂・大島の二郡の内、3万石余りを拝領し、以後、毛利家の陪臣扱いであり、江戸時代を通じて大名として扱われませんでした。やがて、幕末の動乱期を迎え、萩本藩主毛利敬親はこの危機を乗り切るため、吉川経幹に協力を要請し信頼をよせていました。その後、慶応4年(1868)3月13日、孝明天皇は経幹を敬親の末家とすべしという勅書を下付しました。ここに晴れて吉川氏は、城主格=大名となりました。

主な展示品として、「吉川経幹覚書」です。これは第一次長州征討の際、広島の国泰寺において、経幹が幕府側との応接に臨み、その様子を記したものです。その後、開戦延期、しばらくして幕府軍は総引き揚げとなり、長州藩内が戦場となりませんでした。

工芸品では、「紅溜塗棗」です。これは、毛利敬親から経幹に贈られた品で、本家と分家の絆の証とされるものです。

※恒例展示 国宝「狐ヶ崎の太刀」

展示期間 平成28年9月22日〜11月26日


開館時間:午前9時〜午後5時(入館は午後4時半まで)
休館日 :水曜日(祝日の場合は翌日)
入館料 :大人500円・大学・高校生300円・小中学生200円(障がい者の方は半額)

スタッフ写真

shop info.店舗情報

吉川史料館

〒741-0081
山口県岩国市横山2丁目7-3
TEL.0827-41-1010
FAX.0827-41-3100
→アクセス